40代、50代からの介護脱毛

介護脱毛 脱毛

未来の老後を考え、アンダーヘア(陰毛)を脱毛

「介護脱毛」とは、介護されるかもしれない未来を考えて、アンダーヘア(VIO)を脱毛すること。

VIO介護脱毛を行うのはメリットもデメリットもあるが、アンダーヘアの介護脱毛を終えて、介護されるころにはメリットなっているように思える。

未来を考えた時に、自分の老後は周りに負担をかけず、自分も快適に過ごせるようにしたい。

VIO介護脱毛をすることに抵抗はあると思いますが、アンダーヘアが白髪になったら脱毛ができなくなります。40代・50代のうちに早めに考えてみることをお勧めします。

介護脱毛をはじめる
介護脱毛をはじめる(アンダーヘアの処理)未来の自分の為に!わたしは、50歳!若い方と違って、全身のムダ毛を処理したいなんてことはありません。もちろん夏に手足のムダ毛がないきれいな肌になりたいと思いますが、今更です。そう思っている私がVIO脱...

メリット

排泄介助の際にアンダーヘアに尿や便が絡まなくなるため、肌トラブルの予防になる。

肌も清潔な状態を保ちやすくなり、不快感が和らぐ。

アンダーヘアについた汚れは落ちにくく、おむつ交換の介助の際時間がかかってしまうが、VIOを脱毛していると時間も負担も軽減される。

介護する人、介護される人、双方の負担を軽減することができます。

※VIO脱毛を行うと蒸れやにおいも軽減されます。介護されるまでの期間もメリットあり!

デメリット

VIO介護脱毛をするには、費用がかかります。期間も数か月から数年単位でかかります。

脱毛中は、デリケートゾーンを他人に見られる恥ずかしさを伴う。恥ずかしさは、回数を重ねるごとに軽減されていくと思います。スタッフの方は、多くの方の施術をされているのでテキパキこなされます。

施術中、刺激を強く感じやすい部位なので、個人差はありますが痛みを感じる方もいます。

VIOを脱毛したら、もう元に戻すことはできません。ゆっくり考えて、納得できて脱毛されることをおすすめします。

MUSEE PLATINUM


ミュゼ/全国177店舗&24時間予約・変更可能

40代・50代、そろそろ老後は遠い未来ではなくなってきたようです。

もうすぐ介護する側になります。その時、介護される側の気持ちを知ることができるのかもしれません。VIO介護脱毛は、アンダーヘアが白髪になってしまったら脱毛することができなくなります。決断をされるなら今なのかなと感じます。

最近、介護脱毛は女性だけでなく男性もされる方が増えています。

未来を見据えて介護される自分を考えてみましょう。

上品な大人カジュアルファッション通販「STORYNINE」


【STORYNINE】はコチラ

タイトルとURLをコピーしました